2017年12月21日木曜日

リンクとは

こんばんは、
燃えPaPaです。

当ブログの中で、多々登場し、ネット戦略にも大事なリンク、
まずは、リンクって何?を少々解説いたします。

ネット用語におけるリンクとは、 ハイパーリンクのことで、
ハイパーリンク(Hyperlink)とは、ハイパーテキストにおいて、複数の文書を結び付ける役割を担う「参照」である。ハイパーテキストの根幹をなす。
最もよく使われているであろうとされるリンクは、World Wide Web(WWW)におけるUniform Resource Locator(URL)によるものである。

HyperText Markup Language(HTML)で記述されたウェブページでは、a要素(アンカー要素)を用いる(Extensible HyperText Markup Language(XHTML)においても同様)。


用語の意味としてはこんな感じですが、
すごい簡略化してしまえば、
ウェブサイト上で、一般的に色違いの下線つき文字になっていて、クリックすると別サイトに飛ぶ、
そのつながりをリンクと呼んでいます。

他サイトが引っ張ってくれているリンクは、
自分のサイトをなんらかの理由で参照や紹介したい理由があるからと、
検索エンジンなどでも、このリンクの評価が重要視されています。



燃えPaPa